300年前のにごり酢・・ 蔵付酢酸菌入り かすみくろ酢

kasumikurosu

300年前のにごり酢 蔵付酢酸菌入り かすみくろ酢

 

 

創業当初の味を蘇らせたい・・

菌のちからをとりいれて頂きたい・・

 

 

300年受け継がれる伝統製法 創業時のにごり酢を再現した

蔵付酢酸菌 かすみくろ酢」を発売します!

 

 

酢酸菌入りにごり酢 かすみくろ酢

 

ご購入はこちら

 

※NHKでの放送以降ご好評いただいておりますが、現在通常出荷できております!

 

もとになるのは、庄分酢の自慢のくろ酢。

庄分酢は、現在では純米酢や醸造酢などの食酢もつくっていますが、その原点は「くろ酢」です。

試行錯誤しながら受け継がれ、ゆっくり手間ひまかけて甕で発酵したくろ酢は、酸味のまろやかさが特徴です。

庄分酢の基幹商品として先祖代々受け継いできた自慢の一品です。

 

にごり酢の仕込み

 

 

お酢造りに欠かせないのが「酢酸菌」。

そもそも酢酸菌とは、お酢を造る上で重要な発酵菌のひとつ。

お酢の原料となる酒を、酢酸菌で発酵させることによってお酢の主成分となる酢酸は造られます。

庄分酢の蔵に住む菌は「蔵付酢酸菌」と呼ばれ、300年の歴史のなかで少しずつ変化しながら、独特の酸味の酢を造るようになりました。

庄分酢の特徴である、まろやかな酸味はここから生まれるのです。

 

 

 

酢酸菌は、これまでの酢には入っていなかった。

現代では通常、お酢の見た目や流通慣習の観点から、瓶詰の際に濾過をすることによって、透明な状態でお客様のもとへ届けられます。

お酢の発酵に欠かせない「酢酸菌」は、この濾過の工程で取り除かれてしまうので通常お酢に入っていません。

酢酸菌が、お酢の原料のお酒を発酵して、お酢の主成分である酢酸をつくるのです。

庄分酢の味に欠かせないこの菌は、近年の菌体そのもを身体に取り入れることで、免疫を高め、アレルギーや花粉症などへの機能性が発見されています。

今まで長い間、日本人が自然に活用していた発酵や菌の力が徐々に解明されているようでとてもうれしいですね。

 

蔵付酢酸菌を使ったくろ酢仕込み

 

酢酸菌を残したにごり酢をお客様に届けたい。

創業当初は濾過の工程もなく、当時の人々は濁った状態のお酢を口にしたはずです。

伝統製法を受け継ぐ庄分酢のベテランの職人たちは、甕からあげたてのお酢本来のおいしさを知っています。

 

いつか創業時の味を現代に蘇らせたい、つくりたての本来の味を届けたい。」….

 

そんな熱い情熱により完成した「蔵付酢酸菌 かすみくろ酢」には、庄分酢の蔵に300年住み続ける蔵付酢酸菌の菌体そのものが入っており、独特の香ばしい風味があります。

 

ご購入はこちら

 

 

また、割ったりするのが面倒・・ という方には、既に1日分を炭酸割りドリンクにした

「酢酸菌入り くろ酢と炭酸」もございます。

ご購入はこちら

 

大容量が欲しいとのお声もたくさん頂き、720mlを発売します!

庄分酢蔵付酢酸菌かすみくろ酢720ml

蔵開きでの発売までもう少しお待ちください!

 

2020年の春仕込み

にごり酢の仕込みの様子をまとめた記事はこちらから

春の甕仕込み にごり酢の仕込み方:https://shoubun.jp/2020harujikomi/

 

 

各所ご購入はこちらから

庄分酢オンラインショップ

発酵酢屋庄分酢オンラインショップ

Amazonで購入

楽天市場で購入 ← NEW!

 

かすみくろ酢を使った料理のレシピはこちら

酢てきレシピ♪ かすみくろ酢のレシピまとめ

 

 

是非、酢の主成分である酢酸だけでなく、庄分酢の蔵に300年住み続ける菌そのものを取り入れて体の免疫を高めましょう!

 

 

庄分酢のにごり酢2種
庄分酢のにごり酢2種