酢づくり300年庄分酢

福岡県大川市 静置発酵のお酢

ショウブン Online Shop 銀座プレミアム Online Shop

酢Ristorante SHOUBUN
(リストランテショウブン)

今ここから、この蔵から 260年の時を超えた空間 お酢を愉しむStagione《季節》 庄分酢本社 …

ビネガーレストラン
「時季(とき)のくら」

「体に良いものを美味しく」をテーマに庄分酢オリジナルの醸造酢と朝倉の野菜や果物をふんだんに使ったお料…

発酵酢屋 庄分酢
GINZA SIX店

銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」に庄分酢が出店いたしました。 GINZA SIX店では…

庄分酢について

一子相伝の製法が代々受け継がれてきた高橋家。高橋家後継者のみが知る父祖の想念を守り300年にわたり酢造りを続けています。

十四代 代表取締役 高橋一精
十四代 代表取締役 高橋一精

江戸時代初期にあたる寛永元年(1624)、高橋家の初代清右衛門は筑後国久留米藩の港町大川・榎津に移り住み、二代四郎兵衛が造り酒屋を興しました。筑後川の水に恵まれ、豊かな大地を持つ筑後国は米どころ、米どころはまた美酒の産地、酢は酒の発酵から生まれるもの。その自然な流れに沿うように、四代清右衛門が酢造商いを始めました。それが「庄分酢」の始まりであり、以来三百年、酢屋を営んでいます。
その間、時代はめまぐるしく変わり、人々の暮らしも激変しました。酢の製法も大手による短期発酵・熟成、大量生産システムに席巻された感があります。しかし、この大川・榎津で地道にじっくり昔ながらに造り続けることこそ、価値あるものだと信じています。長年、「庄分さん」と親しみをこめて呼んでくださるお客様を裏切らない、頑なにいい酢を造り続ける。その心と技を大切にしたい。なぜなら、いいものを引き継ぎ受け渡してきた歴史があるからです。

庄分酢のお酢を使ったお料理レシピ

酢てきレシピ集

すべてのレシピを見るにはこちら

シーフードサラダトマトドレッシング掛け

マグロのカルパッチョ

大根おろしドレッシング

秋茄子の美味酢煮

南蛮漬けの素でチキン南蛮

レシピ内で使用している商品はこちらでお買い求めいただけます。

Reccomanded

おすすめ商品